記事一覧

日本人にとってのクレジットとは

初めてわが国でクレジットという言葉を使ったのは、当時は月賦百貨店だった丸井(本社・東京)で、一九六〇年のことです。クレジットカードがまだ登場する以前のことで、最初はクレジットプレートという紙製のものでした。東京の池袋にあった丸井はほとんどの学生がお世話になっていました。住むところは入学時に揃えるので急に必要になるものはありませんが、冬になるとコートが必要になります。今のように衣類が安く売られる時代ではありませんでしたから、学生が着るようなものでも結構な値段でした。

そこで冬になると、学生は丸井でコートを月賦で購入します。一〇回払いでしたから、そのコートの代金は次の年の秋ごろまで払うことになります。就職活動に必要なスーツも月賦が重宝でした。他にもいろいろ欲しいものがあるときは月賦を使うのですが、いくつも契約が重なると支払いは結構大変でした。しかしなんとか乗り切れば、とにかく支払いは終わりました。まだ自動振り替えがそれほど一般的ではなかったので、当時の丸井には持参払いというのがありました。店舗の最上階に支払い専用のサービスカウンターが設置されていて、そこで支払いを受け付けていました。

そして所定の支払いが完了すると、マグカップぐらいのものだったと思いますが景品がもらえました。社会人になると、首都圏に限定された事象だったと思われますが、日本信販のカードが定番でした。丸井よりも買い物の幅が広がるので、百貨店の提携カードで日本信販のカードを手にすることが多かったようです。ここでもやはり回数指定の月賦が使われていました。家庭を持つと、現在のような大規模な家電量販店はなかった時代だったので、電気製品の購入には街の電器屋さんに行く機会も多くありました。

現在では様変わりしてしまいましたが、そこでは家電メーカー系のクレジット会社が月賦を提供していました。自動車は月賦専用の手形を購入者が発行することで、ディーラーの月賦販売が成立していました。高度成長期の日本経済は産業資金の需要が旺盛だったこともあり、銀行がこの分野に参入する気はまったくといっていいほどなかったようです。その代わりに日本信販のようなノンバンクや、月賦百貨店、家電や自動車系のメーカークレジットが、消費者の資金需要に月賦という形を提供していたのでした。